ワンちゃんと暮らす家の悩み


こんにちは。愛犬家プロジェクトの川上尚子です。
今回のレポートでは、ワンちゃんと暮らす「環境」について取り上げます。

「動物たちとヒトの環境」について、啓発活動や研究をしている、船津敏弘さん(動物環境科学研究所)にお話を聴きました。



ワンちゃんと暮らす家の悩み



床の悩み

室内で飼うワンちゃんが多い中で、課題になっているのが「床」。床が滑ると、転んだり、股関節が脱臼したりと、ケガの原因になるからです。どんな対策ができるのでしょうか?
例えば、若くて元気のなワンちゃんだと、走り回っている時に滑り、壁や角などにぶつかってしまいます。その場合、廊下の角などの危ない所には、滑らないようにマットを引いておくという対策が可能です。
また、高齢犬は筋力が落ちているので、滑る床の上では、足が広がり真っすぐ立てないという問題が出てくるそうです。滑らない床にリフォームするなどの対策が考えられます。



臭いの悩み

ペットを飼っていると気になるのが、臭い。船津先生は、消臭剤などで臭いをごまかすのではなく、空気の流れを作り、臭いを上手く外に出すことをお勧めしています。窓を開けたり、換気扇を回したりして、空気がスムーズに流れるように工夫すると良いようです。実際に、船津先生の自宅では、押入れをリフォームして、換気扇を設置したトイレスペースを作ったそうです。



換気、わたしもサボってしまいがちです・・・フレッシュな空気を保つことは、カビも防げたりと、人にとってもメリットがあります。ワンちゃんの健康を考えることは、飼い主さんの健康を考えることにもつながるのですね。



川上尚子/愛犬家プロジェクト



取材協力

動物環境科学研究所

記事一覧に戻る