ワンちゃんと愛犬家の為の防災対策-同行避難編-


こんにちは。愛犬家プロジェクトの川上尚子です。
2016年4月に起こった熊本地震を受けて、前回のレポートは、災害に備えて準備するものについてお届けしました。今回は、「避難」についてです。

前回に引き続き、獣医師の船津敏弘先生にお話を伺いました。船津先生は、災害時に動物たちの救護活動をする「福岡VMAT」を立ち上げ、活動を続けられています。



ワンちゃんと愛犬家の為の防災対策-同行避難編-



同行避難

災害が起きたら、「まずは自分の身を守る」ことが大事だと、船津先生は言います。飼い主が助からなければ、ペットを守ることはできません。
①まず、自分の身を守る ②次に、動物のことを考えるという順番が大事です。

また、船津先生によると、「ペットが居るから避難しない」という飼い主さんが居ることも、問題だと言います。そこで足止めされた救助隊は、他の人を救いに行けないからです。警察や消防の指示に従って行動することは、他人の命を守ることにもつながります。ペットと一緒に同行避難をしましょう。



避難訓練

「備えを何もしない人」「話を聴いた人」「訓練した人」では、災害時に助かる確率はどうなるでしょうか?
船津先生によると、訓練した人が助かる確率が高いと言います。いざという時に、避難できるのか、試しておくことが大事なのですね。

近隣の公民館など、避難所まで実際に歩いてみると・・・

犬や猫を連れて歩けるのか?どのくらい時間がかかるか?
多頭飼いの家であれば、2,3匹を連れて歩けるか?できないならどうするのか?

これらは、一度やってみないと分かりません。
ピクニックくらいの気持ちで、お散歩のついでに、避難所まで行ってみては?というのが船津先生の提案です。



川上尚子/愛犬家プロジェクト



取材協力

動物環境科学研究所

記事一覧に戻る