「分離不安」って、知っていますか?


こんにちは。愛犬家プロジェクト取材班の川上尚子です。

ウチのワンちゃんは、トイレでもお風呂でも、ついてくるので可愛い!
その分、離れる時は吠えたり、色んな所に排泄したり、いたずらしたりして大変・・・

そんな悩みを抱えていませんか?そのワンちゃんは、「分離不安」という病気かも知れません。獣医師の道岡清美先生(清美どうぶつ病院)に伺いました。



「分離不安」って、知っていますか?



分離不安とは?

ワンちゃんが、飼い主のことを大好きであるが故に、離れるときにストレスを感じてしまう事を「分離不安」と言います。

分離不安の原因は、「犬と人との相互依存」。いつでも一緒に過ごし、お互いに依存していると、構われる事に慣れているワンちゃんは、飼い主と離れることに強いストレスを感じます。この精神的ストレスが重なると、分離不安という「心の病」に繋がるのです。



分離不安の解決法

道岡先生によると、愛犬が分離不安に悩まされていると気付いていない飼い主さんも多いのだとか。「ウチの子、お留守番ができないの」という程度に考えていて、「いざ」という時は他人に頼ったり、ホテルに預けたりして、問題を回避していることがしばしばです。
しかし実は、分離不安の犬は、それだとますます「飼い主がいない」という不安感や不信感が強まるばかりで根本の解決にはならないのです。解決のためには、飼い主さんが愛犬の分離不安を自覚して、真剣に取り組み、愛犬との信頼関係を作らなければなりません。

道岡先生は、分離不安は『難しい心の病』であり、簡単には語れない問題だと言います。分離不安の薬があったり、行動学的な解決法があったりと、治療方法も様々です。 もしも、「ウチの子、分離不安かも?」と思ったら、根本原因を探るため、獣医さんやドッグトレーナーさんに相談してみてください。



「飼い主との信頼関係ができている犬は 精神が安定していて、飼い主の居ない不安に動揺しないもの」だと道岡先生は語ります。ワンちゃんも飼い主さんもストレスフリーで幸せに暮らせるように、飼い主もワンちゃんも学び、理解する必要があるのですね。



川上尚子/愛犬家プロジェクト



取材協力

清美どうぶつ病院

記事一覧に戻る