犬の熱中症 症状編


こんにちは。愛犬家プロジェクト取材班の川上です。

梅雨が明け本格的な夏が始まりましたね。
この時期、ニュースでも気になるのが「熱中症」。
ワンちゃんも熱中症になりますし、実は人よりも体温調節が大変な動物なのだそうです。

ドッグトレーナーの土生亜紀子さん(家庭犬しつけ方教室スリーピーズハウス)に聴きました。



犬の熱中症 症状編



犬の熱中症

人は全身に汗腺があり、汗をかくことで体温調節をできます。しかし犬は、汗腺が鼻・足の裏の2箇所にしかありません。更に、全身に毛があります。そこで、どう熱を逃すかというと、「ハーハー」という呼吸です。熱い空気を体内から出して冷たい空気を取り込むという仕組みです。34度の息を吐いて34度の空気を吸っても熱は逃がせませんから、気温は重要。熱中症防止のためには冷房を普段は利用しないお宅であっても気温を30度以下にした方がいいと土生さんは言います。
熱中症の特徴は、急に倒れるタイプの「急性」と徐々に衰弱するタイプの「慢性」があります。急性は初夏に多いそうです。慢性タイプは、長い間体調が悪い状態が続き、夏の終わりに衰弱して死に至るケースもあるそうです。食欲がなくなったり元気がなくなったら、「キツイよ」というバイタルサインです。夏にそんなサインを見つけたら、熱中症の可能性があります。



熱中症になりやすい犬

小さな容器のお湯と大きな容器のお湯があったら、どちらが先に冷えるでしょうか?小さい方が早く冷えますよね。土生さんは、それと同じで小型犬よりも大型犬のほうが熱を逃がしにくく、熱中症になりやすいと言います。夏毛しかないタイプが犬種で言うと、フレンチ・ブルドッグ、パグ、ボクサーなどの鼻がひしゃげている犬は暑さに弱いので冷房が必要です。また、緊張・興奮(過剰に喜ぶ・怒るなど)しやすいワンちゃんも、チョットしたことで体温が急上昇するので熱中症になりやすいのだとか。



土生さんは、夏は犬にとって維持・休憩の季節だと言います。秋から春は夏越しの体力をつける時期で、蓄えた体力で夏を乗り切るのです。夏は無理をさせないようにしたいですね。 次回は、熱中症の「対策」について書きます。



川上尚子/愛犬家プロジェクト



取材協力

ドッグマンス


記事一覧に戻る