ワンちゃんの歯をキレイにしよう!


愛犬家プロジェクト取材班の内村桜子です。

愛犬家の皆さん!
ワンちゃんの歯はキレイですか?
口臭が気になったりしていませんか?

今回のテーマはワンちゃんの歯周病についてです。
人の病気としても歯周病という病気はよく耳にすると思います。
しかし、人とワンちゃんとでは歯周病の原因になる歯石の付き方に違いがあるそうです。
そこで、獣医師の地蔵原景子先生(城南動物病院)にお話を伺いました。



ワンちゃんの歯をキレイにしよう!



歯垢から歯石になるスピードが違う

人もワンちゃんも同じですが、食べ物を食べた後に歯に歯垢が付きますよね。
食べ物の中でも柔らかい食べ物は歯垢が付きやすいそうです。
その歯垢が蓄積されることで歯石になります。

歯石というのは、ばい菌のかたまりのことで、その歯石が原因で心臓病になることもあるとのこと。
人の場合、歯垢が歯石に変わるのは約20日なのに対してワンちゃんの場合、約3日~5日で変わってしまいます。



デンタルケアに行こう

犬専用の歯磨き粉が販売されていますが、歯磨き粉をなめさせるだけでも歯垢の付き方が変わってくるそうです。
出来れば小さい頃からデンタルケアを習慣化させるとことが理想的です。
大人になってから病院に連れていっても嫌がるワンちゃんもいるからだそうです。
まだ小さい子どもが歯医者さんを怖がるようにワンちゃんも一緒なんですね。

ワンちゃんの歯の健康を守るためにも忘れがちなワンちゃんのはみがきやデンタルケアを習慣化させていきたいですね。



内村桜子/愛犬家プロジェクト



取材協力

城南動物病院


記事一覧に戻る